無事に完走! 応援ありがとうございました!

3月5日(土)、筑波サーキットで開催された、筑波ロードレース選手権の開幕戦。

チームマリから、J-GP3クラスにエントリーする藤原雫花(ふじわらしずか)選手の応援企画に、マリ輪メンバーさんなど13名の方が集まってくれました!

当日は好天に恵まれたレース日和。

午前中に行われた12分間の予選では、ベストタイムを更新し、なかなか順調な様子。しかし、順位は最後尾でした…。というのも、実は雫花選手、この本格的なレーシングマシン「ホンダNSF250R」に乗るのは数回目。昨年まではミニバイクや市販車ベースのCBR150で練習していました。

「J-GP3クラス」というのは、世界を目指す気持ちのある人たちがエントリーするクラス。通常、ミニバイクを卒業した子供レーサーたちは、比較的手ごろである、市販車ベースの250ccなどのレースで経験を積んでから、このJ-GP3クラスへとステップアップする人が多いのですが、雫花選手の場合は、「回り道せず、早いうちからこのマシンに乗せて経験を積ませよう」という、工藤メカや親御さんの作戦。

練習タイムを見ても、他ライダー達と戦えるタイムではないですが、18周のレースも練習と捉え、しっかり走り切って経験を積むことが、今回のレースのミッションでした。

レース後の雫花選手は「コーナーでギアを間違えたりして、とっちらかってしましました」とコメント。走行技術面だけでなく、精神面、そしてバイクのことも、これからもっともっと覚えていかなくてはなりませんが、小さな体に大きな可能性を感じさせてくれてました(^^)

井形ともが引退した1997年の全日本選手権から25年を経て、チームマリの名前が筑波に帰ってきました。次回のレースは5月28日(土)。この日も応援企画を予定していますので、是非ナマ雫花選手を見に来てくださいね♪ とにかくきゃわゆい♪

(藤原雫花選手が参戦する、2022年度筑波選手権日程>

第一戦 3月5日(土)終了

第二線 5月28日(土)

第三戦 8月20日(土)

第四戦 10月8日(土)

 



 icon-arrow-circle-up