9/12(日)MRCの近スポレン耐参戦! 2チーム健闘!

9/12(日)に近畿スポーツランドで開催された、レン耐5時間ミニバイク耐久レースにて、MRCメンバー9名+井形ともが参加しました。

当日は、弱い雨が降ったりやんだり、路面も乾いたり濡れたりと不安定な路面状況で、スタート時にはレインスーツも着用しました。そんな中で悔しい転倒もありましたが、2チームとも完走し、MRCチャレンジチームは288周の9位、レース初参加2名を迎えたMRCエンジョイチームは286周を走り切り、大健闘の10位になりました!

前回優勝したチャレンジチームは序盤上位に付けていましたが、レースの半分を過ぎたくらいで行われる「レン耐特別ルール(最後尾のチーム代表者がサイコロを振って出た目で順位が入れ替わるという恐ろしいルール)」や転倒により、一時は最後尾近くまで順位を下げてしまいましたが、少しずつ挽回しての9位でした。一度、転倒してしまうとピットイン、車両点検、レン耐規約の罰金の支払い等で、10分程度は走行が止まります。この10分、今回の天候では近スポで1周、50秒~1分ちょっとなので、約10週分のロスになり、周回数で競う耐久レースでは、けっこうなロスになる事を、皆で体験しましたね。

初レースのメンバーを含むおエンジョイチームの方は、最初は顔がこわばるくらい緊張していましたが、難しい路面の中、3回の走行を走り切り、走行後は、安堵とやりきった感あふれるステキがはじけました!

タイム計測やピットサインなどのサポートやきれいな写真を撮ってくれたメンバーさん、ありがとう! 旦那様方のご協力にも大感謝です!

表彰式では「手ぶらでは帰られへん!」とばかりに、じゃんけん大会やくじ引きで力を発揮(^^;。この大会は「RSタイチ杯」として開催されたので、タイチさんのグッズもじゃんけん大会で登場。ここでも強運を引き寄せました。ちゃっかり表彰台の上に載って記念撮影するのは、鈴鹿TMMでおなじみの中村若菜イントラ。ジムカーナでは表彰経験を重ねている若菜イントラですが、今回、耐久レースは初参加、堂々としんがりをつとめ、チェッカーフラッグを受けました。

今年は初めて、西日本地区でMRC練習会を8月に実施。そして、2週間後にはレン耐参加。メンバー達と楽しい時間はあっという間でした。今回は、コロナの影響で参加できなかったメンバーもおり、来年は、是非一緒に盛り上がりたいと思っています。初の3チーム?も夢じゃないですね(^^)



 icon-arrow-circle-up