GWステイホーム女性ライダー応援!<5/2 その4-ブレーキング②>

こんにちは、チームマリの井形ともです。

今日は暖かいですね~! こんな日に山のほうに行ったら気持ちよさそぅ…。いやいや、今はダメダメ。この先も気持ち良い天気の日があるから、またにしましょ(^^)

さて、今日は昨日のブレーキングの続きをお届けしますね。

 

【ブレーキング編-②】

<ブレーキレバーの握り方>

「ブレーキレバーは何本指でかけたらいいでしょうか?」とよく質問を受けます。こんなことを言ってはどうかなとも思いますが、何でもいいんですよ、ちゃんと力加減を自分でコントロールできるかけ方なら(^^;。でも、どんなスポーツでも基本というのがありますよね。この基本というのは、なるほど道理が通っているもので、まずは、基本と言われているものをマスターし、そこから自分流にアレンジしていくことをお勧めします。で、最初に覚えるべき基本のかけ方は、教習所で教わる4本指。この4本指がけは、「アクセルを戻してからブレーキをかける」というマストな操作を確実に行えるという利点があるので、迷ったら、まずはここからやってみましょう。

それでですね、実際の一般道で走行を重ねていくと、どうにもこの4本指はやりにくいな…と感じてくるものです。というのも、実際の道路でのブレーキは、いつも急制動のようにブレーキを強くかけて止めるためだけに使うのではなく、走行シチュエーションによって、ブレーキをかける強さや使い方が色々で出てくるからです。私は、どれか一つの握り方に絞るというのではなく、そのブレーキシーンあわせて変えるのがいいと思います。

<1本指>渋滞時の低速走行時などでの少しだけ速度を落としたいときの速度調整や、バイクから降りて取り回ししている時などは、このような1本指の入力で十分です。

<2本指>1本指と同じように、渋滞時の低速走行時などに向いています。近年のバイクはブレーキ性能がよいので、この2本指の入力でもしっかり止まれるようですが、私の場合は、この2本指ではしっかり止まれる自信なく、強めのブレーキング時は3本指で、それ以外はこの2本指にしてます。

<3本指>力を入れやすいのはこの3本指です。4本指でもいいのですが、私は、親指と人差し指でグリップを握っていたいので、3本指にしています。また手が小さくて小指なんかは5cmないので、ブレーキレバーの位置は一番手前に来るように調整しています(調整できるものは)。

*どの握り方にするかは、手の大きさや指の長さによってやり易さの違いもあるので、どうしてもしっくりこない場合は、レバーの形状が違うパーツなどを試してみてもいいかと思います。とにかく、自分がしっかりブレーキングをかけれる握り方をちゃんとできるようにしておくことが大事です。

 

<足の出し方>

ブレーキング時は、ハンドルをまっすぐにしておくことが基本。特に気を付けたいのが停止時。停止したときにハンドルが左右どちらかに少しでも切れていると、切れている方向にバイクがぐら~っと傾き、足つきが不安な人は、油断している立ちゴケしちゃいます。停止時はハンドル真っすぐを意識しましょう。停止時の立ちごけ防止として「足の出し方」をご紹介しましょう。

停止前に足を大きく前に振り出すようにする。

足を「前」ではなく「横」に出してしまうと、停止したときに足が後方に流れてしまって足つきが悪くなり立ちごけしやすくなるので、写真のように前へ振り出してみてね。

 

女性ライダーは男性ライダーよりも圧倒的に「立ちゴケ」が多いんです。発進時にエンストしてコケる、停止時にバランスを崩してコケる、失速してコケる、横風に耐えられなくてコケる、何でもなく停まっているだけでコケる。。。思い当たる女性ライダーは多いと思います。ちょっとグラッとしただけで転んでしまうものです。もしもこれが足つきべったりのミニバイクだったら、転ばないでしょう。

そういった立ちゴケを防止するためには筋トレではなく、「ワザ」を習得することで回避できると思っています。上述した、足の出し方なんてものは、足つきにあまり困っていない人には、別にどうでもいいことかもしれませんが、こういった、女性目線に立ったワザのあれこれは、チームマリの女性インストラクター達がレッスンの中で伝授していますが、このコーナーでも今後ご紹介したいと思います(^^)

 

ということで、今回は、ブレーキングを2回に分けてお届けしました。

今は、ABS装着車も増え、「ブレーキを強くかけすぎてタイヤがロックして転倒」などという事例は減っていると思います。でも、「私のバイクはABSが付いているから安心よ♪」と、付いているだけで安心している方はご用心。万が一の急ブレーキの場面で、そのシステムをちゃんと使えるかどうかはライダー次第なのです。「おぉぉ! ABSが作動するとこういうふうになるのね」と体感しておくのはとっても大事です。スクールなどの安全な場所で是非体感してくださいね。

=================================

「チームマリのビューティバイクレッスンDVD」発売中!

ご紹介しているライテクを動画で詳しくご紹介しているのが、「チームマリのビューティバイクレッスンDVD」です。現在、「ステイホーム、おうちでDVDイメトレ!」と題し、チームマリのビューティバイクレッスンDVDや書籍を特別価格で販売しています!

4/29(水・祝)~5/10(日)までにお申し込みの方は、以下の特別価格で対応させていただき、また、お申し込みいただいた時間にもよりますが、なるべく即日発送できるように手配します。

 

「ステイホーム、おうちでDVDイメトレ!」 

<①チームマリのビューティバイクレッスンDVD> 通常3,520円→2,670円(送料込で3,000円)

<②チームマリのビューティバイクレッスン書籍> 通常1,430円→970円(送料込で1,300円)

<③DVD+書籍をご購入の方> 通常4,950円→3,450円(送料込で4,000円)

 

*上記の価格は全て税込み表示です。送料は、1点…330円、2点 …550円です。

*DVDと書籍の両方をご希望の方、また井形とも直筆サインご希望の方は、お問い合わせ内容の欄にご記入ください。

 

DVDや書籍の詳細、ご購入のお申し込みなどはこちらをご覧ください!!↓

http://t-mari.net/dvd/



 icon-arrow-circle-up