4/28に開催する新BCLでの心配事

こんばんは。チームマリの井形です。

 

さて、2020年のBCLは、「一般道走行を意識した中高速レッスン」から「サーキットのスポーツライディング」に焦点を当てた内容へと転換を図ります。

午後のグループ別フリー走行では、これまで行っていなかったタイム計測機「トランスポンダー」を装着して、正確なタイムを計測をしようと思っています。

これがトランスポンダー本体

 

女性ライダーの場合、競争したり、タイム計測することを敬遠しがちな傾向なのですが、あえて、ハッキリ目に見えるデータを見ることで、自分の今のスキルの一つの判断基準にしてもらい、効果的なスキルアップのツールになればと考えています。走行後には、ちゃんとタイムが記載されたプリントがもらえます。

 

現在、4/28つくばBCLの参加数は15名。20名を目標としていますが、コロナの影響により、先が読めないです。。。

 

開催できた場合、ちょっと心配なのが、このトランスポンダーの取り付けです。

男性ライダーの場合は、取り付け方法の紙を渡せば、大概の方は自分でつけられるでしょうが、女性の場合はそうはいかないです。たぶん。

初めて付ける人が大半でしょうし、途中で取れたりしたら大変! 車種もバラバラで、取り付け位置などもそれぞれ違うと思うので、取り付け要員が必要です(^^;

BCLは男性イントラが2名いるので押し付けちゃいます(ごめんね)が、参加者の中には旦那さんや彼氏が同行される方もいらっしゃるので、その方はやってもらっちゃいましょうか。

ただし、男性なら大丈夫だろうと思うのは危険ですね。女性の前だと結構カッコつけちゃったり、知ったかぶっちゃりしてしまうから(^^;

私もレース現役時代、こんな計測器を付けてましたけど、レーサーマシンなので取り付けは比較的簡単だったと思います。

フロントフォークにつける場合はこんな感じらしいが、万が一転倒した場合に破損しない場所がいいですね。

 

15台のバイクのトランスポンダー装着。。。

装着経験があって、安心して取り付けを任せられる人を募集しようかな。。。

しかし、、、平日に、これだけのために来てくれるようなボランティアの人を見つけるのは難しいから、事前にスタッフでミーティングをしておかなくちゃ!

 

 



 icon-arrow-circle-up